かんぽ生命の来年からの保険営業再開に、販売を担う日本郵便の現場で「時期尚早」などと不安や不満の声が相次いでいる。朝日新聞が入手した経営陣と従業員の対話集会の内部資料でわかった。厳しい目標管理や会社の風通しの悪さなどの課題を指摘する声もあがり、約40万人が働く巨大組織の苦悩が浮かび上がる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます