合併した町村は、人口減少率が高い傾向にある――そんな調査結果を日本弁護士連合会が6日、東京都内で開いた平成の大合併を検証するシンポジウムで公表した。合併を選ばなかった人口4千人未満の町村と、それらに隣接し、人口規模などが似る合併した旧町村の47組を比べたところ、43組で合併旧町村の人口減少率が高か…

無断転載・複製を禁じます