米中通商協議の「第1段階の合意」に署名するための米中首脳会談が、12月にずれ込む可能性が出てきた。ロイター通信が6日、米政府高官の話として報じた。来年の大統領選に向けて早期に成果をアピールしたいトランプ米政権は11月中旬の署名を目指していたが、開催地選びが遅れており、欧州も候補に浮上している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます