植物の光合成の状態を計測できる画期的なシステムを、愛媛大学が開発した。システムの実用化や商品化に大きな役割を果たしたのが、農学部の「植物工場研究センター」と学内のベンチャー企業「PLANT DATA(プラントデータ)」だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます