新潟市西区で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)が殺害されて線路上に遺体が遺棄された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われている同区の元会社員、小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判の初公判が8日午後、新潟地裁(山崎威(たけし)裁判長)で始まった。小林被告は、女児の首を絞めて殺害したとされる点について、「静かにしてもらうためで、殺意はありませんでした」と述べ、殺意を否認した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます