藤井聡太七段が、8大タイトルの史上最年少の挑戦者になるかもしれない。王将戦リーグ最終対局の相手は広瀬章人竜王。勝てば、渡辺三冠への挑戦権を獲得する。だが、その道のりは険しかった。藤井キラーと評される「井上一門」との激闘、苦労人の今泉健司四段との対局……。関係者の証言をふんだんに取材し、師匠が「寝て起きると強くなっている」という藤井七段の成長の軌跡をたどった=敬称略。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます