四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた指定暴力団・工藤会トップの総裁野村悟被告(72)と、ナンバー2の会長田上不美夫被告(63)の公判が8日、福岡地裁であった。工藤会傘下の現役の組長(60)が検察側の証人として出廷。野村被告が指示を出す場面を「見たことがない」と証言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます