ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(82)が24日、被爆地の長崎と広島を訪れる。教皇の訪日は1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり2度目。被爆地からどんなメッセージを発するのだろうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます