性的少数者に配慮しようと2020年春の入試から、県立高校の願書の性別欄が廃止されることになった。また、県教委は、各学校に対して、性別にかかわらず、制服を自由に選択できるように呼びかけている。自身の性別に違和感を抱いている当事者が、嫌な思いをしないような取り組みが徐々に広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます