エッセイストの小島慶子さんらが12日、厚生労働省で記者会見し、就職活動中の学生に対するハラスメントの防止を訴えた。厚労省は現在、職場でのパワーハラスメントを防ぐ指針づくりを進める。いまの案は、雇用関係にある労働者へのパワハラについては企業に防止策を義務づけている。一方、就活生についてはフリーランスや個人事業主などとともに対象外とし、「必要な注意を払うよう配慮」を企業に求めるにとどめており、小島さんらはより厳しいルールにするよう国に求めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます