ソフトバンクグループ(SBG)が今月発表した2019年9月中間決算は、155億円の営業損失(赤字)となりました。19年3月期には2.3兆円という巨額の営業利益を計上していたのに、短期間で一気に赤字に転落した背景に、何があったのでしょうか。企業会計に詳しい会計評論家の細野祐二さんに聞きました。(聞き手=松浦新、井上亮)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます