佐賀大は12日、生きた細胞を使い身体組織の一部を作るという「バイオ3Dプリンター」で人工血管を作製し、人工透析の患者に移植する臨床研究を始めると発表した。記者会見した医学部の中山功一教授(臓器再生医工学)らによると、3Dプリンターから細胞のみで作られた人工血管を移植するのは世界初という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます