米国が温暖化対策の国際ルール「パリ協定」からの脱退を国連に通告した。トランプ大統領はすでに2年以上前に脱退を表明しており織り込み済みで、米国内の温室効果ガス排出量も減少している。ただ、気候危機を回避できるかどうかは時間との闘いになっており、大国の対策が遅れれば、温暖化の影響を拡大しかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます