満月の夜だった12日午後10時ごろ、極めて明るい流れ星である「火球(かきゅう)」が現れた。東京大木曽観測所(長野県木曽町)に朝日新聞社と東大が設置している星空ライブカメラが、東の上空に薄雲を通して緑色の光を放ちながら落ちていく姿をとらえた。中部地方など各地でも目撃され、SNSでは「おっきな流れ星を見た」「この世の終わりかと思った」といった報告が相次いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます