「ある惑星の悲劇」。そんな題名の劇画が、半世紀前に出版された。広島原爆で家族を失った男性が、東京で天涯孤独な生活を送る中でつづった手記をもとにしたものだ。それが今年、装いも新たに復活した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます