皇位継承に伴う「大嘗祭(だいじょうさい)」のメイン儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日から15日にかけて行われる。大嘗祭への公費支出をめぐっては、宗教色が強く、憲法の政教分離原則に抵触するとの批判がある。これに対し、政府は「皇室の長い伝統を受け継いだ皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式」として、憲法上の問題はないとの立場だ。だが、そもそも長い伝統とは何なのだろう。歴史学者と考えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます