74年前、宮城県亘理町出身の佐藤冨五郎さんは、太平洋の小さな島で敵軍に囲まれ、餓死をした。残されたのは戦地で書き続けた日記だけ。その日記を大事に大事にしてきた息子・勉さん(78)の思いが、「タリナイ」という題の映画になった。勉さんが今も住む亘理町で24日、上映会がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます