首里城の火災は、沖縄にルーツを持つ人たちの心を大きく揺さぶった。首里城は20世紀前半にも取り壊しの危機にあったが、琉球芸術に魅せられたのちの人間国宝・鎌倉芳太郎の尽力に救われた。いまなお、鎌倉は首里城を見守っているという。代々の一族が琉球王国に仕えたというノンフィクション作家の与那原恵さんがつづる、琉球文化の象徴の歴史とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます