ふるさと納税制度の対象自治体から外されたのは違法で無効だとして、大阪府泉佐野市が総務相を相手取って除外取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪高裁(佐村浩之裁判長)であった。同市の千代松大耕(ちよまつひろやす)市長が「総務相の判断は非論理的で感情的」と意見陳述し、国側は請求棄却を求めた。次回は12月11日。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます