不祥事や業績不振で地位を追われた最高経営責任者(CEO)らに、退職金などとして数十億円規模が支払われる例が米国で相次いでいる。経営幹部の高給は、飛び抜けた能力と成果に報いるため、と正当化してきた「建前」に疑問符がつき始めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます