スポーツを「負」の面からも見つめる映画祭が、日本大学芸術学部映画学科の学生によって12月に催される。テーマは「スポーツの光と影」。ある決意が込められている。「同じ日大生として、あのタックル問題から目を背けない」。若者たちの問題意識は来年の東京五輪・パラリンピックにも向けられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます