ペルーから不正に入国した両親のもと、日本で生まれた女の子が高校生になった。在留資格はなく、国外退去を命じられているが、スペイン語はほとんど話せない。日本も批准する国際条約に照らし、子どもにとって最善の措置を――。在留特別許可を求めた訴訟の判決が今月29日、大阪地裁である。玉置太郎…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます