大阪(伊丹)空港の日本航空の保安検査場で、刃物が入った搭乗客の手荷物を保安区域内に通していたことが19日、同社への取材でわかった。搭乗客は同社の客室乗務員の女性で、私的な利用中だった。伊丹空港では9~10月に計2回、全日空の保安検査場で刃物の入った手荷物を見落とすミスがあったばかり。日本航空は「原因の究明と再発防止に努める」とコメントしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます