政府は、今年度の国の税収見込みを引き下げる方針を固めた。企業の業績悪化で法人税収が落ちこんでいるためで、策定中の今年度補正予算で下方修正する。修正額は1兆~2兆円ほどになりそうだ。見込みに届かない分を穴埋めするため、特例公債(赤字国債)の増発も検討する。税収減を借金で補って経済対策などの追加歳出に対応することになれば、安易な歳出拡大につながりかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます