台風19号による利根川増水で、深夜に行われた住民の広域避難が混乱した埼玉県加須市は20日、避難情報をきめ細かく発信するため市内4万7千の全世帯に防災ラジオを無償貸与するなど、災害対応で5億円余の補正予算案を発表した。防災ラジオは一般放送受信中でも強制的に防災無線放送に切り替わる。大橋良一市長は「混乱を反省し必要な対策を講じたい」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます