45億光年向こうの宇宙から来た過去最高エネルギーのガンマ線を観測することに東京大などの国際研究チームが成功した。太陽系が誕生したころに最期の瞬間を迎えた巨大な星が超新星爆発を起こし、ブラックホールになった際の断末魔の叫びが届いたとみられる。成果は20日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます