バイオリニストで、札幌交響楽団のコンサートマスターの大平まゆみさん(62)が20日札幌市内で会見し、全身の筋肉が徐々に衰えていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の可能性が高いと診断されたことを公表した。今月末で同楽団を退団するが、可能な限り演奏を続けていくという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます