昨年の西日本豪雨で51人(災害関連死を除く)が犠牲になった倉敷市真備町地区。お年寄りらが逃げ遅れて、自宅で亡くなるケースが相次いだ。「避難機能」がついた共同住宅があれば命を救えたのでは――。被災者の発想から、新たなアパート作りが進んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます