23日午前0時の失効期限を控えていた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))について、韓国大統領府の金有根・国家安保室第1次長は22日、記者会見を開き、「(日本への)協定終了通知の効力を停止させることにし、日本政府は理解した」と述べた。協定は土壇場で失効が回避されることになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます