北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が10月下旬に北朝鮮の景勝地・金剛山観光地区を視察し、韓国側が建設したホテルや食堂を撤去するよう指示しました。金剛山は南北経済協力事業の象徴的存在で、韓国側にはショックが広がっています。正恩氏の意図について、北朝鮮を専門とする慶応大准教授の礒崎敦仁さんに聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます