約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇が23日、東京に到着した。26日まで日本に滞在し、被爆地の広島と長崎を訪れ、核廃絶を訴えるメッセージを発表する。ローマ教皇の訪問は故ヨハネ・パウロ2世が1981年に来日して以来、38年ぶり2回目。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます