今年のノーベル化学賞を受賞する吉野彰さんは、1980年代に企業でリチウムイオン電池を発明した。日本のイノベーション(技術革新)を牽引(けんいん)してきた企業研究だが、90年代後半に入ると基礎研究を縮小し、中央研究所をたたむなど勢いを失った。研究力の低下が言われる中、企業研究者はどうあるべきか。吉野さんに聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます