来日中のローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が25日、東京都千代田区での東日本大震災の被災者との集いに参加した。福島第一原発事故で都内に避難する高校2年生の鴨下全生(まつき)さん(17)が「汚染された大地や森が元通りになるには、僕の寿命の何倍もの歳月が必要」などと被災者の苦しみを訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます