今年は、過去20年で2番目に早くインフルエンザが流行し始めた。薬を求めて医療機関を訪ねる患者が増えつつある。昨年3月に発売された治療薬「ゾフルーザ」は「1回のむだけでいい」と話題になり、前回の流行期には最も多く使われた。ところが、関連学会が先月、子どもに使うことを積極的に勧められない、という意見をまとめた。ゾフルーザが効きにくい耐性ウイルスも、通常のウイルスと同じくらい感染力を持つという論文も出た。どうすればいいのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます