スーツ最大手の「洋服の青山」がこの秋、スーツなどの大幅な値下げに踏み切った。女性用スーツで5千円下げ、男性用の一部では3万円下げた商品もある。単なる値下げではなく、「割引ありき」のビジネスモデルからの転換を図るという。他のスーツ量販店でも同様の動きがある。背景に何があるのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます