わずらわしくて、できれば隠したい生理。タブー視する空気は依然強いが、世界各地で生理についてオープンに考えようという動きが生まれている。男女がともに社会で活躍するため、生理ときちんと向き合おう――。「#ニュース4U」取材班が海外に飛び、そんな動きを追った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます