6月に起きた逆走事故の影響で、臨時ダイヤでの運行が続いていた横浜市の新交通システム「シーサイドライン」は、12月2日から事故前のダイヤで運行される。事故後、車両1編成が使えなくなっていたが、新たに完成した車両が同日投入され、平日朝のラッシュ時も事故前の間隔で運転できるようになるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます