首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を内閣府が野党からの資料要求当日に廃棄した問題で、野党議員は26日、同府を訪れ、名簿を細断したとされる大型シュレッダーを視察した。同府は桜を見る会開催から約1カ月後の5月9日にシュレッダーを使った理由について、「各局の使用が重なって調整した結果、連休明けになった」と説明するが、議員がこの日、大量の紙を投入すると瞬時に細断。野党は「論より証拠。時間的にあり得ない」として、資料要求があったため廃棄した疑いが強まったと追及を強める考えだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます