シリアからの米軍撤退に反対して昨年末に辞任したマティス前米国防長官のスピーチライターが今年10月、マティス氏の長官時代を振り返った回顧本を出版した。「米国第一主義」を掲げて同盟国軽視の行動をとり続けるトランプ政権の内幕が赤裸々につづられている。「同盟国との信頼が壊れれば、再構築に数十年かかる。極めて危険だ」。筆者はそう警鐘を鳴らす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます