自動化などの最新技術を活用し、主力拠点の生産能力を「5割増し」にすることに工作機械大手ヤマザキマザックが成功した。肝はITによる製造工程の「見える化」。それぞれ異なる機械をつくっていた二つの工場を機能ごとに再編し、品質向上や省エネも期待できるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます