防衛省は28日夕、北朝鮮から弾道ミサイル2発が発射されたと発表するとともに、日本の領域や日本の排他的経済水域(EEZ)内への落下はないと推定されると明らかにした。河野太郎防衛相は記者団に、2発はいずれも高度約100キロ、飛距離は約380キロで日本海に落下したと推定されると説明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます