愛知県豊田市で8月、運転手なしの自動運転の実験車が乗用車に衝突した事故で、実験を進めた名古屋大学と市は「コンピューターやセンサーの処理が遅れ、車の向きを誤って認識した可能性が高い」との調査結果を発表した。名大は再発防止策を講じ、12月9日から静岡県下田市で公道での走行実験を再開する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます