米国で「香港人権・民主主義法」が成立し、米中関係は新たな対立局面に入った。大統領選挙を有利に進めるため署名に踏み切ったトランプ米大統領に対し、中国は報復を「宣言」。香港情勢、米中通商紛争ともに先行きは一層不透明さを増している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます