入院中の子どもたちに寄り添い、手術室にも同行する――。東京都立小児総合医療センター(府中市)で、一頭の犬が常勤の医療スタッフとして働いている。全国で3頭しかいない「ファシリティードッグ」のアイビーだ。都内では初めて導入された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます