大阪大が、心機能の回復を促すことが期待される幹細胞を心不全の患者の心臓に直接吹きかける、新たな治療法「細胞スプレー法」を開発した。11月から患者に対する臨床試験(治験)を始めた。安全性や効果を確かめる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます