「自然に忠実に」。19世紀イギリスで、画学生らはそんな理念一つを旗印に集まった。あべのハルカス美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」は、美術批評家ラスキンが投げかけた思想の広がりが一望できる。24作家の哲学と、いろんな事情が入りまじる群像劇のようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます