日本の真珠の6割を生産する愛媛、三重の両県で、真珠を育てるアコヤガイが大量死し、養殖業者に衝撃を与えている。三重県は海水温の上昇などの可能性を指摘するが、原因究明には至っていない。稚貝の被害が特に大きく、来年以降の真珠生産に打撃を及ぼしそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます