茨城県内の自動車事故のうち、アクセルとブレーキの踏み間違いによる人身事故の約4割が、65歳以上の高齢者の事故だったことが県警のまとめでわかった。対策として急発進抑制装置の取り付けを支援する動きも広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます