自宅でマッサージに呼んだ女性に性的暴行を加えたとして、強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文被告(40)に対し、東京地裁は2日、求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。瀧岡俊文裁判長は「暴行が強度でなくても、施術中の抵抗しにくい状況に乗じた卑劣で悪質な犯行だ」と指摘した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます