世界を抱くように大きく両手を広げるのびやかな指揮と、温かな人柄で多くの人々を魅了したマリス・ヤンソンスさんが11月30日、76歳で亡くなった。2012年、バイエルン放送交響楽団との来日公演で奏でたベートーベンの交響曲はどこまでもおおらかで、疾走感も抜群だった。多少の傷はあっても、個々の奏者の自主性を何より大切にしたい。そんな首席指揮者としての親心を垣間見た。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます